社長ご挨拶

鳥取東伯発

代表取締役社長 種子光幸名峰大山(だいせん)の麓に位置し、古くから畜産業が盛んに営まれてきたこの地で生産された食肉の製造加工から販売までを担い、平成19年の会社設立以来10年を経過しました。

東伯ミートの肉として親しまれ、ハム、ソーセージからレトルトカレーなどの加工品に至るまで、地元で生産される肉本来の味を大切にした幅広い商品を提供してまいりました。

長年にわたり地元に愛され続けておりますことに感謝し、「鳥取東伯発」の美味と安心をみなさまにお届けします。  ・・・どうぞ召し上がりください。

平成30年10月吉日
鳥取東伯ミート株式会社 代表取締役

種子光幸

#3

東京都内有名ホテルでの結婚式披露宴に新郎の父として出席しました。

鏡開きは、地元の銘酒「鷹勇」。そしてメインディッシュは、「鳥取和牛オレイン55」のフィレ肉ステーキをフォアグラとともにマデラソースでいただきました。
「酒もうまい、肉は最高」「食べたことのない、おいしいお肉」「箸で切れる」などなど、それに答えて、鳥取に食べにきてください、この時期は温泉で蟹も最高と言っています。

都内では、なかなか手に入らない鳥取県が誇る地元の名品です。このほかにも、「全国級」の野菜、果物もたくさんあります。梨、西瓜、らっきょう、長芋、白ねぎ、ブロッコリー、柿など。さらにしいたけ、米、イワシ、アジ、売出し中の琴浦サーモンなどなどに至るまでです。

農産物、水産物も含めて「チーム鳥取」として宣伝、拡販に努めたいものです。

 

©2018 Tottori Tohaku Meat CO.,LTD.