安心へのこだわり

鳥取東伯ミートでは鳥取県産牛、豚、鶏の原料にこだわり惜しみない努力で安全な食品づくりに全力を注いでいます。

FSSC22000認証

FSSC22000は、ハサップ(HACCP)手法が組み込まれた食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO22000に、食品製造における食品安全のための前提条件プログラムであるISO/TS22002-1を統合した、消費者の皆様へ安全な食品を提供するための国際規格です。
数多くの食品安全を目的とした規格の中でも、厳しい審査と取得の難しさから、現在大きな注目を集める規格です。
認証を受けた生産工場では、各工程でのハザード分析、リスク管理に関わる制度の向上、社員の食品の安全・安心に対する意識の向上を図っています。
鳥取東伯ミートは、2019年2月にFSSC22000の認証を受け、より安全・安心な製品をお客さまへお届けできるよう、日々の業務改善に努めております。

鳥取県HACCP適合施設認定

鳥取県HACCP適合施設認定制度は、鳥取県食品衛生条例に基づき、国際的に推奨されている食品の衛生管理手法HACCPによる工程管理を行う施設、食品を認定する制度です。
食の安全性に対する消費者の関心は、日々口にするものであり非常に高いものがあります。しかしながら事業者の自主的衛生管理への努力は消費者の側からは分かりにくく、評価されることが少ないものです。
そこで、HACCPを基準として自主的衛生管理をいっそう推進し、これらの取組を積極的に評価し、消費者にも知ってもらおうとするのがこの制度です。
鳥取東伯ミートでは、自社工場内(島根営業所、直販店舗を除く)で製造される全商品について鳥取県HACCP適合施設の認定を受けています。

品質管理体制

入室前チェック

ローラー掛け、手洗い、アルコール消毒、鏡にて確認後、工場内に入室します。

エアーシャワー

エアーシャワー

さらに、万全を期するためエアーシャワー通過後、入室します。

人の目による細かなチェック

人の目による細かなチェック

熟練の作業員によって目視・蝕手による検品(骨除去など)を行っています。

X線・金属探知機

X線・金属探知機

従業員による検品後、異物検出装置(金属探知機、X線)による商品の異物除去対策を行っております。

温度管理

温度管理

枝肉入荷時より処理・加工・製造・出荷まで徹底した温度管理を行っています。また、大型の冷凍庫・冷蔵庫を備え急速冷凍・冷蔵を行います。

オゾン除菌装置

オゾン除菌装置

枝肉保管庫にオゾン除菌装置を備え、衛生的な枝肉を使用しております。

細菌検査

細菌検査

法令で規格の定まっている食肉製品・冷凍食品に違反がないか製造毎に検査を行っています。また、生肉(牛、豚)も自主基準に照らし合わせて検査を行っています。

保存試験

保存試験

保存試験を行い、科学的・合理的根拠に基づき賞味期限あるいは消費期限設定を行っています

拭き取り検査

まな板、包丁、使用器具等の清掃が行き届いているか拭き取り検査を行い、衛生的な器具の使用に努めております。

放射性物質の検査

放射性物質の検査

お客様により安心していただくために、牛肉の放射能検査を必要に応じて実施しています。

トレーサビリティ

牛トレーサビリティ法に基づき、東伯ミートの販売する牛肉の生産から出荷までご確認いただけます。

牛の固体識別情報検索サービス

©2019 Tottori Tohaku Meat CO.,LTD.