安心へのこだわり

鳥取東伯ミートでは鳥取県産牛、豚、鶏の原料にこだわり惜しみない努力で安全な食品づくりに全力を注いでいます。

品質管理体制

入室前チェック

ローラー掛け、手洗い、アルコール消毒、鏡にて確認後、工場内に入室します。

エアーシャワー

エアーシャワー

さらに、万全を期するためエアーシャワー通過後、入室します。

人の目による細かなチェック

人の目による細かなチェック

熟練の作業員によって目視・蝕手による検品(骨除去など)を行っています。

X線・金属探知機

X線・金属探知機

従業員による検品後、異物検出装置(金属探知機、X線)による商品の異物除去対策を行っております。

温度管理

温度管理

枝肉入荷時より処理・加工・製造・出荷まで徹底した温度管理を行っています。また、大型の冷凍庫・冷蔵庫を備え急速冷凍・冷蔵を行います。

オゾン除菌装置

オゾン除菌装置

枝肉保管庫にオゾン除菌装置を備え、衛生的な枝肉を使用しております。

細菌検査

細菌検査

法令で規格の定まっている食肉製品・冷凍食品に違反がないか製造毎に検査を行っています。また、生肉(牛、豚)も自主基準に照らし合わせて検査を行っています。

保存試験

保存試験

保存試験を行い、科学的・合理的根拠に基づき賞味期限あるいは消費期限設定を行っています

拭き取り検査

まな板、包丁、使用器具等の清掃が行き届いているか拭き取り検査を行い、衛生的な器具の使用に努めております。

放射性物質の検査

放射性物質の検査

お客様により安心していただくために、牛肉の放射能検査を必要に応じて実施しています。

トレーサビリティ

牛トレーサビリティ法に基づき、東伯ミートの販売する牛肉の生産から出荷までご確認いただけます。

牛の固体識別情報検索サービス

©2018 Tottori Tohaku Meat CO.,LTD.