商品情報

 
東伯和牛 ▼東伯牛

東伯和牛

東伯和牛とは

大山

 鳥取県東伯郡旧東伯町(琴浦町)で育てられた黒毛和種で、大山を頂く豊かな自然環境の中、長年の経験で培われた肥育技術で大切に育てられた地域ブランド和牛です。お肉を焼いた時の香りと味に定評があります。


オレイン55

History歴史
気高号

伝説の名牛「気高」号

 江戸時代から和牛の産地として良牛が受け継がれてきた鳥取。昭和41年には、鳥取の雄牛「気高」号が、第1回全国和牛能力共進会肉牛の部で栄えある1等賞に輝き、その子孫が日本各地に広がり、ブランド和牛のルーツとなりました。ブランド和牛の故郷ともいえる鳥取で、トップクラスの肉牛だけに与えられるブランドが「鳥取和牛オレイン55」です。


オレイン酸
オレイン55

おいしさを凝縮するオレイン酸

 厳しい条件をクリアしたものだけに表示することが許される「鳥取和牛オレイン55」。その基準のひとつが、オレイン酸含有量55%以上。オリーブオイルの主成分でもあるオレイン酸を豊富に含んだ「鳥取和牛オレイン55」は、まろやかな脂肪の質がポイント。赤身とのバランスの良さ、口に含めばお肉そのものの味がジュワっと広がる、おいしさが特徴です。


信頼
オレイン55

あんしんを生むブランドの管理

 「鳥取和牛オレイン55」は、飼育から食卓に並ぶまで、法律に基づく検査と情報によって守られています。反芻家畜への飼料としての肉骨粉の使用を禁止する飼料安全法の順守はもちろん、認定牛の個体識別番号の公開、認定マークの店頭表示義務など、安心な牛肉を提供するための取り組みを行っています。

東伯牛

生産者の愛情いっぱいに育った産直牛「東伯牛」

東伯牛

 生産から加工、そして消費者のもとへ届けられるまで、徹底した安心安全にこだわった産直牛「東伯牛」。生産者の愛情がたっぷりこもった牛肉は、おいしさも太鼓判です。

 

「二つのふるさとを持つ東伯牛」

 東伯牛には、ふるさとが二つあります。最初は産みの親としての北海道・十勝と釧路の大地、または鳥取県と近隣県の酪農地帯です。次のふるさとは、育ての親としての大山山麓(鳥取県東伯郡琴浦町)を中心とした鳥取県内です。

 生後7~8ヶ月まで優秀な指定農場で育てられた牛は、東伯牛の肥育生産に賛同する「JAグループ」の農家・生産団体のもとへ素牛としてやって来ます。琴浦町(旧東伯町の地域)は、昔から黒毛和牛の生産が盛んな肥育地で、きれいな水と空気、肥沃な大地という恵まれた自然のなかで育てられます。

 

「安心・安全のみなもとは指定配合飼料」

 素牛の時期は、健康に育つための骨格や内臓を丈夫にする粗飼料(牧草・ワラ)を中心に与え、肥育の仕上げの段階では肉質を柔らかく、味を良くするために指定配合の濃厚飼料を与えています。配合飼料は、とうもろこしや大麦、大豆粕といった植物性のもので、医薬品等の抗生物質や合成抗菌剤、成長ホルモン剤 などは一切使用していません。