#19

食品産業の使命

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するための休業要請、自粛要請が続いています。

この状況において、食品産業に求められる社会的使命に改めて気づかされています。
食料品の安定供給に対する責任です。食品産業に携わる事業者の最大の使命は、安全な食品を安定的に国民・消費者に届けることにあります。

東日本大震災では、食料品の製造・流通・販売等のサプライチェーンが寸断され国民生活にも我が国に甚大な被害をもたらしました。さらに、近年のもはや「異常」とは言えないような異常気象により、同じような危機が起こっています。

食品事業者は、自然災害や新感染症の発生といった大規模災害発生時にあっても、国民生活に欠くことができない食料品を届けるために、いかにして事業継続が図れるかを日頃から意識しておかなければなりません。
これには企業間の連携、行政の支援が必要となります。

災害に強い地域の体力を身につけましょう

©2020 Tottori Tohaku Meat CO.,LTD.
北栄ノ匠と鳥取ノ幸